\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

バナナチョコ明治生産終了の噂は本当?明治のバナナチョコの歴史は?いつから販売してる?

明治が誇るバナナのような見た目を模したチョコレート菓子、バナナチョコ。

このお菓子は、独特な黄色いコーティングが施されたチョコレートで、多くの人々に愛されてきました。

まるでマーブルチョコのバナナ風味版とも表現できるでしょう。

\お得な購入先はこちら!/

楽天24
¥1,276 (2024/04/22 16:12時点 | 楽天市場調べ)
目次

バナナチョコ 明治は生産終了は本当?

多くのファンを持つ明治のバナナチョコですが、最近では店頭で見かける機会が減ってきており、「もしかして製造終了?」という疑問の声が聞こえてきます。

明治公式のアナウンスでは製造終了の情報はありませんが、実際に購入しようとしても見つからないという報告が相次いでいます。

これは、取り扱う店舗が減少していることによるものかもしれません。

明治
¥1,107 (2024/04/22 16:12時点 | Amazon調べ)

明治のバナナチョコはいつから販売してる?

明治によるこの黄色くて風味豊かなバナナチョコは、2005年の7月12日に初めて市場に登場しました。

その価格は、税抜きで100円と、手頃な値段設定でした。時を経て約17年、このチョコレートは多くの人々に愛され続けており、その人気は衰えることを知りません。

当時と比べて原材料費の上昇などにより価格は変動していますが、長年のファンにとっては、その価値は金額ではなく、味わい深い思い出としての価値があるのです。

購入者の多くは、その懐かしさを味わうために、今もなおこのバナナチョコを手に取ることでしょう。

明治
¥1,799 (2024/04/22 16:12時点 | Amazon調べ)

バナナチョコの値段はいくら?

明治のバナナチョコは、2000年代の始めに42gで税別100円の価格で販売されていました。

この時期、アポロやマーブルチョコと同様に、徐々に価格は上昇していきました。

2008年まで、このチョコレートは42gで税別100円という価格を保持していましたが、2011年には税込118円(税別113円)へと価格改定されました。

その後、2014年には120円に、そして2022年にはさらなる価格の上昇が見られました。

2023年4月には132円に、同年10月には142円へと段階的に値上げが行われています。

価格の変動は、原材料費の上昇や経済状況の変化など、様々な要因によるものですが、長年にわたって愛され続けるバナナチョコの価値は、多くのファンにとって変わらないものでしょう。

明治
¥1,107 (2024/04/22 16:12時点 | Amazon調べ)

バナナチョコ 明治に完熟バナナが入っている確率は?

明治のバナナチョコには、時折、完熟バナナを思わせるオレンジ色のチョコレートが含まれており、これを見つけると幸運とされています。

パッケージにも「完熟バナナ色を見つけたらラッキー」と記載されているため、多くの人がこのサプライズを楽しみにしています。

実際に完熟色のバナナチョコを見つけると、そのレアさから特別な感動を覚える人も少なくありません。

私自身、パッケージを開けてから6つ目のピースでその幸運に恵まれましたが、この珍しい発見は、多くのファンにとって小さな喜びの瞬間となっています。

AngarooSHOP
¥2,000 (2024/04/15 15:26時点 | 楽天市場調べ)

明治 バナナチョコに似ている商品は?

明治バナナチョコが見つからず、似たような味わいを楽しめる商品をお探しの方へ、こちらでは類似の風味を持つお菓子をいくつかご紹介します。

これらはバナナチョコと同様に、バナナフレーバーを楽しめるアイテムです。

アルフォートのバナナ&ミルクチョコレート:この商品は、濃厚なミルクチョコレートとバナナフレーバーの組み合わせが特徴です。

チョコがけバナナけんぴ:甘くて香ばしいバナナけんぴに、チョコレートをコーティングしたスナックです。

カントリーマアムのバナナ風味:柔らかな焼き菓子で、バナナの甘みとチョコチップが絶妙にマッチしています。

明治バナナチョコへの憧れを持つ方も、これらの商品で新たなお気に入りを見つけることができるかもしれません。

ぜひ一度お試しください。

楽天24
¥1,276 (2024/04/22 16:12時点 | 楽天市場調べ)

バナナチョコ明治生産終了に関するよくある質問

バナナチョコの発売日はいつですか?

明治から発売されたこの人気のバナナフレーバーチョコレートは、2005年の7月12日に初めて消費者に紹介されました。

チョコバナナはどこの国生まれですか?

バナナをチョコレートで包み込んだこのスイーツは、実は日本が発祥の地です。

バナナとチョコレートの組み合わせは、日本独自の発明品として広く受け入れられています。

チョコバナナを作った人は誰ですか?

チョコバナナを考案したのは、栃木県の和菓子店「榊屋」の現社長、小林文雄氏です。

彼は「縁日グルメ界のエジソン」とも称されており、この愛称は彼が創り出したチョコバナナの大ヒットによるものです。

このアイデアが生まれたのは昭和40年代で、その当時はバナナ自体が高級品でしたが、それにチョコレートを組み合わせることで、縁日での人気商品となりました。

バナナチョコの色違いは何色ですか?

明治のバナナチョコは、通常の黄色い「食べごろバナナ味」の他に、オレンジ色の「完熟バナナ味」、緑色の「早摘みバナナ味」があり、さらに稀に青色の「トロピカルバナナ味」が見つかることもあります。

まとめ

明治バナナチョコについての探求を通じて、その発売日、起源、創造者、そして色彩豊かなバリエーションについて深く理解できました。

2005年の登場以来、この魅力的なスイーツは多くの人々に愛され続けています。

チョコバナナの発案者である小林文雄さんの創意工夫により、日本独自の味わいが生まれました。

バナナチョコの色違いを探す楽しみも、その魅力の一つです。

この記事が、明治バナナチョコのファンにとって有益な情報源となり、さらにこのスイーツを深く愛するきっかけになれば幸いです。

ご興味のある方は、ぜひ実際に味わってみて、その独特な魅力を体験してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次