\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

ウォーカーショートブレッドは業務スーパーで買える?コストコでも売ってる?

バターの濃厚な味わいがクセになる、紅茶やコーヒーに最適なウォーカー ショートブレッド。

その起源は1898年にさかのぼり、ジョセフ・ウォーカーが「世界最高のショートブレッドを」という野心を持ってベーカリーを開業したことからです。

以降、スコットランドに根差し、家族が経営するウォーカー社は100年を超える長きにわたって愛され続けています。

しかし、「どこでウォーカーのショートブレッドを買えるのか?」と疑問に思っている方も少なくないでしょう。

本稿では、そんなウォーカー ショートブレッドの入手先を詳細にリサーチしました。

\ ウォーカーショートブレッドのオススメはこちら!/

ぱーそなるたのめーる
¥1,166 (2024/04/22 07:10時点 | 楽天市場調べ)
目次

ウォーカー ショートブレッドの業務スーパーでの販売状況は?

業務スーパーにおいて、ウォーカー ショートブレッドの取り扱いは残念ながらありません。

しかし、似た味わいを楽しめる「ガレットブルトンヌ」という代替品は見つかります。

ウォーカー ショートブレッドが使用するバター量は32%に対し、ガレットブルトンヌは17%となっており、その食感は甘くてサクサクしており非常に人気があります。

しかも、価格は約200円とコストパフォーマンスも優れています。

Walkers(ウォーカー)
¥1,685 (2024/04/22 07:10時点 | Amazon調べ)

ウォーカー ショートブレッドはコストコで売ってる?

コストコでは、ウォーカー ショートブレッドを大容量で提供しており、600g(24袋)や2.1kgの缶で販売されています。

600gサイズは約1600円で手に入ります。

特に、2.1kg缶はコストコのプライベートブランドであるカークランドシリーズの限定商品で、4種類のショートブレッドを楽しむことができる豪華なアソート缶で、価格は約4600円です。

ウォーカー ショートブレッド カルディで購入することはできる?

カルディコーヒーファームでもウォーカー ショートブレッドの取り扱いがあり、フィンガータイプ(150g)を約430円で購入可能です。

さらに、ハイランダーやチョコチップなどのバリエーションも充実しています。

特に冬のシーズンには、クリスマスをテーマにした魅力的な缶入りのショートブレッドも販売されるため、ギフト選びにも最適です。

ウォーカー ショートブレッドの値段はいくら?コスパよく購入するには?

ウォーカー ショートブレッドは、その上質な味わいで知られ、8本入り150gパッケージの場合、価格は一般的に475円(税込)程度です。

しかし、この価格は販売店によって変動する場合があり、場所によっては取り扱い自体がないこともあり得ます。

特に、お菓子売り場では、小分けパックが約130円で手に入り、大きなパッケージであれば450円から700円の範囲で見つけることが可能です。

そのため、地元の店舗での品揃えをチェックすることをおすすめします。

ウォーカー ショートブレッドを購入する際は、パッケージサイズや単価を比較し、最もコストパフォーマンスに優れた選択をすることが重要です。

大容量パックを選ぶことで、単位あたりの価格を抑えることができる場合がありますので、賢いショッピングを心がけましょう。

Walkers(ウォーカー)
¥991 (2024/04/22 07:10時点 | Amazon調べ)

ウォーカー ショートブレッドのレシピを紹介!自宅で再現できる?

家庭でウォーカー ショートブレッドに似た味わいを再現するためには、基本的な材料として小麦粉、バター、砂糖が必要です。

これらを「3(小麦粉):2(バター):1(砂糖)」の比率で合わせるのが一般的です。

味のアクセントとして、ほんの少しの塩を加えるのも良いでしょう。

材料を適切に混ぜ合わせた後は、成形しやすいようにクッキングシートを敷いたトレイに広げ、冷蔵庫で30分から1時間ほど休ませます。これにより、生地が固まり、カットしやすくなります。

カットした生地には、ウォーカー社製のショートブレッドに見られるように、フォークで穴を開けることがポイントです。

最後の工程として、オーブンを180~200℃に予熱し、ショートブレッドを10~15分間焼きます。

これで、ウォーカー ショートブレッドに近い味わいの自家製ショートブレッドが楽しめます!

ウォーカー ショートブレッドのクリスマス限定商品とは?

ウォーカー ショートブレッドは、イギリス発の伝統的なお菓子として日本国内にも広く愛好者がいます。

特にクリスマスシーズンには、ウォーカーからフェスティブなデザインのショートブレッドが限定発売されます。

これらの特別版は、豊かなバターを惜しみなく使った濃厚で香り高いショートブレッドに、スターやクリスマスツリーなどの季節感あふれる形状が特徴です。

見た目の楽しさと味わいの豊かさで、どの年代の方にも喜んでいただける一品となっています。

ウォーカー ショートブレッド の人気商品はどれ?

ウォーカー ショートブレッドの代表格として、まず挙げられるのが「フィンガータイプ」のショートブレッドです。

このタイプは、手軽に楽しめる個別包装されたものから、箱入りでのまとめ買いが可能なものまで、幅広いニーズに応える形で提供されています。

特に、オンラインショップでは2,000円以上の購入で送料が無料になることが多く、Amazonプライム会員の場合は条件に関わらず送料無料となります。

次に、「ハイランダー」は、そのクッキーのような見た目と、側面にまぶされたデメララシュガーが特徴的なショートブレッドです。ざらめ独特の食感が好みの方には特におすすめです。

また、「チョコチップ」入りのショートブレッドも人気があります。

このラウンド型のショートブレッドは、バターの風味豊かな生地にチョコチップが加えられており、甘さと風味のバランスが絶妙です。

そして、ウォーカー ショートブレッドのアソートパックも見逃せません。

フィンガー、チョコチップ、ラウンド型のショートブレッドがそれぞれ4個ずつ、合計12個入りで提供されており、様々な味わいを一度に楽しみたい方に最適です。

ウォーカー ショートブレッド 業務スーパーに関するよくある質問

ウォーカーのショートブレッドはどこの国のものですか?

ウォーカー社は、100年を超える歴史を持ち、スコットランドのアベラワーを拠点として家族が経営しています。

伝統的な製法で、新鮮なバターをふんだんに使用したショートブレッドは、その濃厚で独特の風味が高く評価されており、英国の産業にも大きく貢献しています。

その品質の高さは、数々の受賞歴からもうかがえます。

ショートブレッドとビスケットの違いは何ですか?

イギリスでは、ビスケットという焼き菓子もありますが、主な違いは製法にあります。

ビスケットには卵や牛乳が使用されることが多いのに対し、ショートブレッドはバターの比率が高く、そのために特有のほろほろとした食感が生まれます。

ビスケットはより軽やかでサクサクした食感が特徴です。

ショートブレッドの特徴は?

ショートブレッドは、その名の通り、短い(short)食感が特徴的なスコットランド生まれのお菓子です。

バターの濃厚な香りと、口の中でさくさくと崩れるような食感が愛される理由です。

この「short」という言葉は、ショートブレッド独特の食感を指しています。

ウォーカーのショートブレッドのカロリーは?

250gパッケージのウォーカー ショートブレッドのカロリーは約533kcalで、栄養成分としてはたんぱく質が5.6g、脂質が30.3g、炭水化物が60.5g、食塩相当量が0.7gとなっています。

まとめ


ウォーカー ショートブレッド業務スーパーに関する検討を進めてきた本記事、いかがでしたでしょうか。

スコットランド発祥のこの伝統的なお菓子は、豊かなバターの風味とほろほろとした食感で、世界中にファンを持っています。

残念ながら業務スーパーでの取り扱いは確認できませんでしたが、他の購入方法や自宅で作るレシピなど、さまざまな楽しみ方をご提案しました。

ウォーカー ショートブレッドを味わいたい方は、是非、記事で紹介した方法を試してみてください。

また、クリスマス限定商品など季節ごとの特別なアイテムもお見逃しなく。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次